×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小児の円形脱毛症

円形脱毛症の小児・子供 原因と治療法

円形脱毛症が子供・小児に発症するケースが増加しているようです。従来からあるにはありましたが少数派でしたが、ストレス社会が拡大する事により、小児の円形脱毛症が多発しています。

 

原因については病院・学会で議論と研究が続いていますが、やはりストレスとするのが大半。一部にアレルギーを円形脱毛症の原因とする説もあるようですが、必ずしも確実ではありません。全体として円形脱毛症の原因究明、治療法確立はまだまだ前途多難なのが現状ですが、小児・子供に症状が及ぶ中で、更に原因究明、治療法研究が進められています。

 

小児・子供の円形脱毛症の場合、それ自体がストレスを加速させ、視線恐怖症や対人恐怖症を引起しかねないため、原因特定と治療法・治療薬の開発は急務と言えるでしょう。

小児の円形脱毛症の進行過程

小児の円形脱毛症といっても、成人が発症するのと同じような進行過程が見られます。まずは単発型と呼ばれる症状から始まります。

 

これはお馴染みの10円ハゲという状態。ストレスが原因で成人、特に最近は小児と並んで女性の円形脱毛症が増加していますが、多くはこの単発型の段階で病院を訪れるなり、治療法、薬の相談を始めるようになっています。小児円形脱毛症で次のステップが多発型。これは単発型が多数発症するステップです。

 

基本的には2箇所以上の円形脱毛が認められれば多発型とされますか。多発型は放置しておくと次のステップの全頭型に進行しますから、できれば単発型の段階で病院での治療法やカウンセリング相談を受け、処方される薬の服用を開始して下さい。多発型から先は急速に進行する事もあるのが小児円形脱毛症の特徴でもあります。

円形脱毛症の治療法

病院での治療法も、円形脱毛症自体がまだ研究過程にあり、原因特定が困難である事から、さまざまなお薬や治療法が取られています。

 

円形脱毛症の部位にリンパが集まるという報告から、アレルギーとの関連に注目し、治療法として内服のステロイド薬を利用する病院もあるようです。ただ、やはり小児といえど、円形脱毛症はストレスから疑って治療法を考えるのが第一歩と言えるでしょう。最近、学校は多くの問題を抱えており小児・子供のストレスの温床となりつつありますが、家庭では出きるだけ家族の対話を増やし、ストレスを溜めさせないようにするのも小児円形脱毛症の治療法としては有効と言えそうです。

 

そういった心のケアと併せて、物理的なストレスを軽減する円形脱毛症治療法として漢方やアロマ入りシャンプーなどで物理的にマッサージを行う事を奨めている病院もあります。